Written by: adminコンタクトレンズ通販は正規品のみで!

コンタクトレンズ通販は今では膨大な数がありますが、その中でも優れているショップとなると一握りです。優れているショップを見分けるにはまず正規品のみを扱っているかどうかを見ましょう。実はコンタクトレンズには国内で正規に仕入れたものと、海外から輸入したものの二種類があります。国内で正規に仕入れたものは厚生労働省の認可を得ているので、安全性への期待に大きな違いが出てくるのです。

コンタクトレンズの通販と言えばレンズ買うがいいと思います。もちろんここの通販では正規品しか扱っていません。それでいて処方箋確認がいらないという便利さがあります。コンタクトレンズ購入をするたびに求められてはスムーズなやりとりができませんからね。ただこのショップではお客様の目の安全が第一とのことで、眼科にいくこと、処方箋や指示書をもらうこと自体は必須としています。

眼科にいくこと、処方箋や指示書をもらうことのメリットは自分の目の状態を知り、それに合ったレンズを選べるということです。もし間違ったレンズを選んでしまうと、大きな目のトラブルにも繋がってしまいます。自分の目に合ったレンズはレンズデータを見ながら選ぶようにしましょう。何しろレンズデータにはそのレンズの特徴が書かれています。

Written by: admin院内感染対策を行っている歯科医ですか?

インフルエンザが流行する時期、特に高齢者が多い病院では、院内感染に神経を使うようですが、最近は歯科医でも院内感染対策を導入するケースが増えているそうです。

歯科医院で院内感染対策を導入するようになった背景には、平成19年、一般の歯科医院にも医療安全管理体制の構築を義務づけるための医療法改正が行われたことにあります。

そういわれてみると、歯科医院がホームページで、消毒や滅菌を強調している背景には、そのようなことがあるのでしょう。

現在、どこの歯科医でもインプラント治療を行うようになりましたが、インプラント治療は大がかりな外科治療をともないます。
また、抜歯にしてもそうですが、歯科治療ほど出血をともなう治療はないような気もします。

血液による感染症は、A型肝炎やB型肝炎、HIV、C型肝炎など、恐ろしい感染症が隠れている場合もありますが、しかし、本人が自覚してないことも多々あり、院内感染対策は最重要課題となるわけです。

したがって、歯科医の選び方としては、評判や口コミも大事ですが、何より重要なのは医療の安全管理がきちんとされているかどうかです。

口腔内を治療してもらって、恐ろしい病気を感染させられたのではたまったものではありませんから、ぜったいに気をつけて欲しいものです。